1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2016
fc2-3.jpg

MAXJAMのマネジメント奮闘日記

Clan:DeToNator&Galacticのマネージャー FPS「A.V.A」で活動してます。チームマネジメントに情熱をもやしている日々を語ります。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

根拠の無い自信

『根拠の無い自信』
この言葉、何気に好きなんです。

何も考えていないのではなく、意識の問題、感覚で自分が感じている事に思ってます。



自分の設定している目標の位置がどこか?

自分は世界で闘うに決まっている。そこしか目指してない。
これもあり。

地道に階段を登って、世界のステージを目指していく。
これもあり。

言葉は違えども目標は同じ。

この感覚を自信を持って言えるか。。。


活動をしていれば
「期待」や「不安」は付き物で、表裏一体。

期待はワクワクするので基本的にはだれでも好きですよね。

一方で「不安」になるとネガティブの要素になるので考えるよりは周りや環境を見渡すようになります。

その時にどう考えるか。


「不安」を吹き飛ばすくらいの行動力を持って欲しい。


行動をしなければ何も起こらないし得るものがないに等しいと考えています。
失敗から得られること多いです。成功からも得られますが質が違います。

受け身で環境が整うのを待っているだけでは何も変わらない。

頭だけで考えていても始まらない。

だれかに伝えないと!だれかに知ってもらわないと!

良い時にだけ動くのではなく。

不安だからこそ行動。

自分の負の要素を取り除くために行動なんです。


何も動かない人に限って環境や体制に文句を言います。
そいう人に限って分かったふりをします。

説得力が無いんです。

仮にその考えが正しかったとしてもです。

考えることは自由です。
なんとでも言えます。

でも行動を起こさないと人もお金も感情も何も動かないです。
自分の頭の中の事を伝えないと無理です。


で、『根拠の無い自信』に繋がるか?

これは、行動力の源だからです。

自分の中の「自信」があるから動けます。

動いていくうちに新たな出会いがあり、新しい視野が生まれてきます。

どんどん見えてきます。

もちろん良いことばかりでは無いです。

大きく動けば、大きな責任も伴います。

それも仲間が入れば尚更です。

しかし「責任」は人を育てます。

何もリスクがないことなど無いです。

良い時こそ「不安」になります。
なのである意味、常に「不安」なんです。


不安に対抗するには「自信」「行動」この2つだと思ってます。

自分の立場でできる事を常に考えて
それを実行する。

大きな動きも必要。
小さな積み重ねも絶対に必要。


こういう考えが少しでも理解されるように続けていきたいですね。

辞めるのは簡単です。

でも良い時もあれば悪い時もある。
どんな時でも実直にやり続ける。

良い時には寄ってくるけど、悪くなると手のひらを返す人は多いです。

なので悪い時にどれだけ耐えて前を向いていられるか
この時こそ、「人」の本性を見られます。


この6年間は行動の6年、多くの人の支えで成り立っています。
今後も行動することは変わりないです。

「根拠の無い自信」から
「確信の自信」に変わっているのを肌で感じている今日この頃です。

でも「不安」との闘いは一生続くでしょうね。


あとは、結果。

結果で全て判断されます。
「自信」があっても「行動」しても結果が伴わなければダメです。

それがプロということです。

やるしかないです。

スポンサーサイト

14

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

e-sports・・・

『e-sports』
最近、日本で良く聞く言葉になりました。
良い事だと思ってます。

『「e-sports」を盛り上げる』も聞きます。
大切な事で聞こえは良いですが
いつも疑問に思うというか日本では何をもって盛り上がっているといえるのか
海外の実績からの盛り上がるは素直に受け入れられるのですが
どうしてもまだ実感が湧いてこないです。

ゲーミングチームの活動が取り上げられる機会も6年前に比べれば格段に良くなっています。
スポンサー様の理解も変わってきていてとても感謝をしています。

さかのぼる事6年前・・・
選手を何とか今までとは違うステージしたい。
ゲームでも活動できることを実践していきたい。
それがスタートです。

6年活動していく中で、考え方や環境も少しづづ変化します。
その時々の自分が良いと思うことをやってきました。

その変化の中で、現在は『PCゲームを盛り上げたい』これに尽きます。

これが今一番重要であり、何よりも優先しなければならない事だと思います。

理由は簡単です。
自分たちが生きている場所がPCゲームだからです。

私達は、PCゲームの素晴らしさや面白さを伝えるべく存在であり、その活動があるからこそ
スポンサー様にも理解されるという所です。

PCゲームの人口が増えれば、スポンサー企業様も元気になると思います。
市場が活性化すれば、投資する意味も出てきます。

その市場の規模が自分たちの活動場所でありチームの待遇や活動範囲が広がるからです。
なので「e-sports」という言葉は様々な人たちが、私達の活動やゲームをそのように呼ぶなら
それでいいと思っています。

まず、ゲームを伝える選手たちが存続できる環境こそが必要であって
その環境をサポートしていただいているスポンサー様の活力が市場の活性化だと思ってます。
それが成り立たなければ「e-sports」どころの話ではないと思います。
いかに継続していけるかが重要だからです。
根本的な部分が抜けている状態でブームを作りたいのではないです。
じっくり日本でも根付くように文化にしていきたいからです。
ハードルは高いと思います。甘くは考えていないからこそ
状況を見分けないといけません。

2年前くらいからスポンサー活動が本格化し始めてからPCゲームを盛り上げる事が
何よりも大切と気付いてAVAだけではなく、Dota2、League of Legends、CS:GOなどの
グローバルタイトルの活動ができるように動き始めました。
そして先日のDota2部門の発表になります。
もちろん今後も残りの2タイトルも視野に入れています。

グローバルタイトルの特徴は、選手やチームが生き残りやすいシステムや環境が
同時に発展してきているように思います。
素晴らしいです。

日本での環境も昔に比べれば良くなっていると感じています。

今うちには、
DeToNator AVA(爆破・護衛)・Dota2
Galactic AVA(爆破)
サポート含めて30名程います。

それぞれの立場で真剣にゲームに向き合っています。
将来も考えて活動しています。

質の高い活動をするには
選手の意識の成長なくしてはできないし、魅力ある場所にもならない。
その成長の中で、人生が変わっていく瞬間瞬間を大切にしたいですね。

不安を語る前に行動あるのみ。
行動すれば何かが変わります。
すぐに変わるものもあれば、時間がかかるもの。
いろいろあります。

ただ、継続しなければ意味が無いです。
やめてしまえばそれで終了です。

どんな状況でも続けていることで希望に繋がります。

良い時もあれば悪い時もある。
全てを受け入れて信頼できる仲間と進んでいくのみですね。

「e-sports」だけに限らないですが
何事も「人」があって初めて成り立つものであり
言葉のひとり歩きで大切な事を見落とさないでほしいと日々願うばかりです。

最近、「人」を大切にしない案件もあります。

今を支えている選手やプレイヤーをもっと増やしていく事にフォーカスしてほしいですね。
最前線で戦っている選手が輝くステージが増える事も願います。

そしてPCゲームを盛んにすることが
いわゆる「e-sports」という言葉の真の力が発揮するのではないかと
感じています。

海外のシーンを見るとわくわくします。
すべての面でスケールが違いますからね。
早く、その輪に入りたいです。
ですが、焦らずにチームが世界に挑戦できる土台を作ること、
そしてPCゲームの良さを伝えること。
初心を忘れずにですね。


私が「e-sports」をあえて使うなら
「e-sportsを通して人は成長できる」
そして
「プロゲーミングチームは成長できる場所」に
なることが理想ですね。



21

Category: イベント

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

僕が見たRed Bull 5G

行ってきました2014 Red Bull 5G
去年に引き続き、会場での観戦をしました。

この日までの演出がにくいですね。
1年かけての告知、予選からの本選。
この流れがとても秀逸に思います。

ドラマありの人間模様に毎回楽しませてもらっています。
この要素は、とても重要に思います。
友人・ライバル・新規参入・憧れの場所などなど。。

選手動画のクオリティーが印象的でした。
選手へのリスペクトでもあり
とても選手を大切にしているように思います。

会場のテンションの上げた方も一流のDJの音楽で堪能できる
待ち時間も楽しい時間になります。

様々な要素で来場者をゲームに集中させる粋な演出ですね。

間違いなく日本で最高峰のゲームイベントの1つだと思います。

百聞は一見に如かずが本当に当てはまると思います。

見れば全てわかる。

すでにRed Bull 5G 2015が楽しみです。

IMG_1115.jpg
メインディスプレイですね。その隣がDJブースです。選曲がホント最高でした!!

IMG_1117.jpg
選手たちが戦う丸形のステージですね。

IMG_1120.jpg
レーシング部門、まるでF1中継を観ているようでした。

IMG_1122.jpg
スポーツ部門のみんなのゴルフ6、どんな戦いになるか予想ができなかったんですが
凄いプレイを当たり前のように連発して度肝を抜かれました。

IMG_1123.jpg
ぷよぷよテトリスですね。
もう圧巻です。これまた次元が違いすぎて、僕、口空いて見てましたw
完全に僕の知ってるテトリスでは、なかったです。。。

IMG_1124.jpg

IMG_1126.jpg
ぷよぷよテトリスで西が勝った瞬間とチームで健闘を称え合う選手です。
念願の西チームの優勝でしたね。
僕も西よりに在住なので応援してました。
嬉しかったです!!



最後に・・・
今回のイベントモニターは、EIZO FS2434がメインに使用されていたんです。
IMG_1110.jpg


DJのご機嫌な音楽に大興奮のファミ通佐藤さん!
IMG_1119.jpg


選手のみなさん素晴らしい試合をありがとう!
素敵な時間を過ごせました。


Red Bullもたくさん飲んで
Red Bull一色の一日でした。

17

Category: マルチゲーミング

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

葛藤・・・

新部門発表後、いろいろな方のTwitterやコメントを見ました。
そこで、全く私の意図としていないことが勝手にひとり歩きしていたり
大きな勘違いをしている人いるのを見かけました。

「葛藤」

まず、どのような選手と一緒にやるかですね。
下記の内容の言葉をみかけたことがあります。
・TOPチームを丸ごと吸収
・TOPプレイヤーを片っ端から獲得
などなど、一番気になるところですよね。

はっきり言えるのは、世界を目指すわけですから
強いプレイヤーと一緒にやるのは当たり前と思ってます。

その過程がどうであれ結果で判断されるので
そこは個人の主観にお任せするしかないです。

スポンサー様と共に活動しているので
強いチームにするのは当然であり
強さが重要です。

つぶやきやコメントの中には、育ててやってほしいとか
段階的に成長しながら勝ち上がるストーリーを望んでいるような人も見かけました。

それは今の段階でやれることではないです。
もっとプレイ人口が増えて環境が整っていかないと育成しながらは厳しいですね。
なので今回はそれが目的ではないので気持ちは理解できますが時期が違うと言うことです。

ただし、リスクも考えています。
要は、囲い込みですね。囲うだけ囲んで俺のチームすごいでしょ?的ことをしたいわけではないです。
チーム数やプレイヤー人口を考えなければなりません。

なのでとても慎重に進めていかないといけません。

でもまずは、選手の意思を尊重したいです。
一緒にやりたい!
高みを目指したい!
新しい環境でチャレンジしたい!

コミュニティーも大切にしながら
選手の意思も尊重してバランスよくチーム作りができると最高ですね。


理想と現実に必ず、挟まれます。まさに「葛藤」です。
私の理想は、世界と戦えるチームを作ることでもあり
日本でのゲームタイトルを盛り上げることでもあるのでこの2つが良い相乗効果を
作り出せる環境を目指してやる事です。


プロチームと謳っている以上
弱いチームでは憧れや目標にならないので
TOPプレイヤーとやりたい。

これが私の本音であり、今後も変わることはないです。


日本にはまだ、スポーツとしての見方やチーム構成についても
説明をしながらやらないといけないと思ってます。

これはしょうがないと思います。

それくらいまだこの分野は、これからということだと思ってます。
丁寧に説明して少しでも良き理解者を増やしていくことが
大切ではないかと感じています。



新部門は、華やかに見えますが
実際は責任が伴います。

立ち上げるのがゴールではないです。
いかに継続的に活動できるか。
いかに長く一緒にやっていけるかです。

継続的に活動できるということはコミュニティーにも良い影響を与えます。
一過性にならないように気を付けなければなりません。

多くの方に支えてもらいながらタイトルのファンを増やして
ファンの声援が力に変わります。

そこに辿り着くために
あらゆることにチャレンジしなくていけないので
大変なことだと感じますが私はとてもワクワクしてます。

文句や批判を言う前に、
自分が動いてとにかくアクションしないとです。

難しい事だからこそ、やりがいがあるというものです。
簡単であれば誰でもできることですから。

今回もでかい壁ではありますがぶつかっていくしかないですね。

30

Category: マルチゲーミング

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

スポンサーについて・・・

DeToNatorは6社
Galacticは2社
のスポンサードを受けて活動しております。


スポンサードについても、度々質問やアドバイスを求められます。
もちろん、Twitterなどでのスポンサーについてのつぶやきもみます。

私の配信でもスポンサーについて聞かれます。
そこで私の考える「スポンサーとは?」の入門編みたいな感じです。

スポンサードに興味がある人は見てもらえると良いと思います。

まず、マネージャーがいるとか関係ないです。(私が言うのもなんですが・・・)
居ても良いし、居なくても良いです。
どうにでもなります。
居ないのであれば、選手自ら動けばいいです。
私も最初はそうでした。
何故かマネージャーがいないと・・・みたいな発言を見ます。
私は、その考えはどうかな?と思います。
自分(チーム)がスポンサーを付けたいのであれば自分が必死になって
チームみんなで考えて動くべきに思います。

マネージャーがいるからOKではないです。居た方が分業体制もとれて良いですが
自分たちのチームの活動規模に合わせた分相応の行動が大切ということです。

成績や結果も大切ですが、選手の意識と活動規模をよく考える必要があるのではと思います。
環境よりも意識の問題なのでそこは間違わないようにした方がいいと思いますね。

まず、「スポンサー」とはどういう存在かを考えてほしいです。
スポンサー様は、製品を販売したりビジネスをしてます。
そこに、いきなり「チームが強いから」や「オフライン大会に出るので」で本当に理解をしてもらえるか?

スポンサー様は、当然ビジネスをしています。どのようなことをすると企業側がメリットがあるかの理解もなく見返りを求めること自体が失礼に思います。

なので、「チームが強いから」や「オフライン大会に出るので」では厳しいという事です。

では、どうすればいいか?

考え方として必要なのは・・・
1.チームが長く存在できるか?
2.情報発信をしているか?

まずはこの2点が重要です。


1.チームが長く存在できるか?は
基本中の基本です。
スポンサードしてもらうことになりました!!の1か月後にはなくなりました・・・
では、意味がありません。最初だけ良い事を言って結果クラン解散しましたは最悪です。
もちろん、悪意がなくてもです。
メンバーみんな長くやっていきたい気持ちはあると思いますが結果が全てなので、厳しいようですが理由にはなりません。
長く続けるためにどうすれば良いかもチーム内で考えておかないといけません。

マネージャーがいるとかいないとかではなく、チーム全体での意識の共有が必要になるので
メンバー全員の責任に思います。

ただし、契約で3か月とか6か月とかの期間限定でもあるので例外もあります。



2.情報発信をしているか?
例を挙げてみると「スポンサードをしてくれたら〇〇します!」ではダメなんですね。
そもそもの発想がありえないです。
スポンサードしてくれたら何かをするでは都合が良すぎます。

本当にスポンサードを視野に入れて活動をしているのなら
自分たちのチームにはこれだけの価値があります!という情報を元に営業しなければならないのに
何もない状態で対価を得ようとする考えを変えた方がいいですね。

チームの情報発信のコンテンツとして
Twitter・・・タイムリーなチーム情報を発信
Facebook・・・Twitter同様タイムリーなチーム情報を発信やファンとの交流
チームHP・・・チームの活動報告やチーム情報の基なる場所・スポンサー情報の掲載

あると良いコンテンツ
youtubeでのチームチャンネル・・・動画での情報の発信
Twicthやニコニコ動画でのチームチャンネル・・・配信での情報発信

こういうコンテンツをしっかり活用して
継続的な数字を元にチームの価値や活動のアピールをする必要があります。
人気度やPVも大切ですが、継続してどれだけできるかも重要なので
数字を大きく見せるよりチームの等身大の活動をアピールしながら
話をすることも大切です。

なので、最初に書きました、「スポンサードをしてくれたら〇〇します!」ではなく
自分たちは様々なコンテンツを使って活動してます。
御社のためにそのコンテンツを使って〇〇ができます。
が理想に思います。

何かをしてくれるのを期待するのではなく、
何をすれば自分たちが良いかを考えるべきと思ってます。
その結果、対価を得ることができスポンサー様との信頼関係に繋がると思います。


何度も言いますが、数字を大きく見せるのが正解ではなく
チームのできる範囲での活動と見合ったサポートを受ける
そのために、日々努力することにより環境が変わっていき
長く継続して活動していく事での信頼関係が必要ということです。


今、こうやって記事にしていますが
私も最初から全て出来ていた訳ではないです。
失敗もしました。迷惑をかけたこともあります。
失敗を糧にして成長していくしかないと思います。
真面目にコツコツとやってかないと厳しいです。

スポンサードが決まることがゴールではないです。
継続し続ける事が重要です。
その覚悟と責任を理解する事ですね。

年齢が若いとかも関係ないです。
スポンサーと契約をしてしまえば若いから・・・とかの言い訳は通用しません。
ある意味、チームは大人扱いですから教育も大切です。


難しい道のりだと伝えたいのではなく
考え方や意識の持ち方の違いを知ってほしいんです。
中途半端な考えでやることがどれだけ危険かを感じてほしいです。


今回書いたことは、僕の中では基本中の基本です。

これができて次のステップに進めるという事です。
そしてここからが本当の勝負でありスポンサー様との関係をさらに強化していき
プロゲーミングチームとしての活動になります。


私個人としては、もっとスポンサードが活性化することを望みます。
大会でユニフォーム姿をたくさん見たいですね。

良い時もあれば悪い時もあります。
これはしょうがないです。
全てを受け入れて前に進むしか無いので強い信念と諦めない気持ちは必要に思いますね。

まずは、自分のチームに見合ったスポンサー探しをすることです。
見栄でやることではありません。
大きくするだけがスポンサー活動ではありません。
企業とチームのお互いが信頼できて一日でも長く活動できる環境を
目指すことだと思っています。

27

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

G2A.COMが仲間入りです。



今日、告知しましたがDeToNatorとG2A.COM様とスポンサー契約を結びました。

いつも発表するときは緊張しますね。

発表に漏れがないか心配でしょうがないです。

嬉しいだけではないですね。

責任もありますからね。


G2A.COM様は、ポーランドが本社なんです。
びっくりしました。
海外からのオファーでしたので、最初は驚きとともに大丈夫なんだろうか・・・

大丈夫でしたね。メールのやり取りのみですが丁寧な対応に安心しましたね。
まさに、これからが勝負です。
信頼関係をより強いものにしないといけません。

G2A.COMとは、ゲームをお安くして販売しているストアサイトです。
ゲームのダウンロード販売をしている会社ですね。
日本語サイトもありますのでご興味のある方はサイトをみていただければと思います。

G2A.COM←こちらをクリック
box.png


来年からは、AVA以外のタイトルでCS:GO、Dota2、League of Legendsへの活動を本格的にスタートします。

そのためにはさらなる環境の変化が必要なので、G2A.COM様のスポンサードはとても大きいです。

着々と準備をしていきます。


2014年もまだまだ終わりません。

12月5日~7日はIEFAVA World Championshipがあります。

それが終わったら、

12月13日、14日にAVARST3次予選が待ち構えてます。

重要な大会が続くので気が抜けないですね。


2014年もやり残しがないようにして

来る2015年に向けても種まきを開始ですね。

新たな出会いを期待しつつコツコツやっていきます。



04

Category: マルチゲーミング

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

新部門について・・・

先日、DeToNatorの新部門の候補を発表しました。

いろいろと反響がありとてもありがたいです。

伝えたいことがたくさんあって、何から話すと良いのか分からなくなってしまうくらいです。

この前、CS:GOの大会にお時間をいただきゲストとして
インタビューをしていただきました。(関係者の皆さんありがとうございましたペコ(o_ _)o)))
その内容が伝えたいことになりますね。

インタビューを聞きのがした人は・・・
コチラから⇒プロゲームチームDeToNator代表の江尻氏がCS:GO部門の設立構想についての質問に回答

CS:GOに限らずどのタイトルにも当てはまることだと思ってます。

その中でもとりわけ重要なのがプレイヤーの意識になると思ってます。
・スポンサー様の本当の意味。
・TOPプレイヤーに必要なスキル
・置かれている立場

全てを理解をしないといけません。
分からないのはしょうがないです。
ですが、「新しい環境に対応できる順応性」と「人の話を受け入れる心」の2つがあるとないとでは
成長に大きく影響します。とても重要です。

「プライドは成長を妨げる」
この言葉も理解していないと厳しいです。

目標は、もちろん世界ですが近道はないです。
コツコツ課題をクリアしていかないといけません。

世界のプロチームを目標にすることは良いですが
比べてはいけないと思っています。

環境、仕組みが全て違いますからそこを求めてもしょうがないのです。
日本は日本のやり方があります。
本当に甘くはない状況です。
まだまだやらなければならない事がたくさんあります。
それも含めての活動です。
-----------------------------------------------------------------------

最近は、AVA以外にも時間があれば各3タイトルをプレイしてます。

どれも楽しいです。当たり前ですね( ´◉‿ゝ◉`)

いろんな発見があり楽しくてしょうがないです。
これを多くの方に知ってほしいので私なりの伝え方を考えています。

まずは、楽しくプレイするが基本ですからね。
そしてタイトルへの情熱に繋がってほしいですね。


改めて3つのタイトルに感じることは
常にTOPチームやプレイヤーの大会や試合が簡単に見れる。
「見れる」でいうと、プレイヤー視点で見れるのがまた熱い!

これは、正直スゴイと感じました。

試合数も多いので勉強になるし強いチームの動きが丸見え状態なので学べますね。

その点では、さすがに世界で人気のタイトルです。
コンテンツが充実してるし、細かい所もケアされているように感じました。

そういう所も伝えていく事も重要に思います。

話題として、チームを作る!新部門を立ち上げる!が先行するのもしょうがないですが
まずは、ゲームを多くの方にプレイしてもらうための行動も大切です。

大きい事をしたいのであれば小さい事の積み重ねなので
土台をしっかりと築かないとですね。

それも新部門をたちあげるのであれば尚の事、必要な事と考えてます。

その土台をつくるには、多くのコミュニティーの力やファンの方など多くの方の理解も必要なので
時間をかけてでもやらないといけません。継続していくことですね。

ただ単に新部門を立ち上げて上辺だけ盛り上がっている雰囲気を作りたいのではないことは理解をしてほしいです。

一緒に活動することになるかもしれない選手たちにも、この気持ちは持っていてほしいですね。


まだまだ長くなりそうなので、今回はこの辺で・・・

次は各タイトルについて感じることなどを書いていきたいですね。

それでは!また!!

17

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

懐かしシリーズ Part2

昔メンバー紹介をキャラクターに例えてやってました。
ガンダム編ですね。

今は、もうやらないですが今見返してみるとなんか( ̄ー ̄)ニヤリとします。

ではどうぞ。

Continue

17

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

でたw

いろいろと昔の画像が出てきた。。。ヮ(゚д゚)ォ!

ある意味初めてづくしのイベントだった

2011、12年?爆破での初の韓国戦やもるちゃんと初めてあったRizo戦、これまた初めて出会ったAk~aySとのSleep戦などなど・・・
201012292201000.jpg


よっぴーやUnlucky、スナの師匠だったGERUGE、昔は可愛かった武者・・・ほんと昔はね。。。
201012291812000.jpg


でも、そんな10年前とかじゃないんだよね。

2,3年でいろいろ変わるんですね。


昨日久々にガチでレギュラーと対戦をして楽しかった。。

血が騒ぐというか、あの感覚は本当に(*゚∀゚)ィィ!!




めじかさんやケニーとも出会ったばかりだったね。
201012291817000.jpg




変わっていないのは、Unlukcyの体重やなぁ~(*´∀`*)
安定だわ。





何処のイベントか忘れたしまったけど・・・
初めの頃にはAVAのフィギュアもあったんですよ。
201008221625000_20140517121958878.jpg


今どうなってるんだろ。。。。




何回見ても、Unluckyは変わってないなぁ(*´∀`*)
あんまりしつこいと怒られる(´;ω;`)




ではでは!

15

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

好きな言葉・・・

いつも口癖のように言う好きな言葉があります。

それは「感謝」です。

感謝なくしてはやっていけません。

1人で生きてはいけないです。

様々な人との交流から生まれてくるコミュニュティーでの生活です。

私自身、ゲームのコミュニュティーだけで生きてるわけではないですし
元は美容師というコミュニュティーで生きてました。

ゲームコミュニティーもリアルも関係ないです。
どっちも同じです。

今も昔も様々な所に属してます。

そこで感じてきた言葉が「感謝」なんです。

DeToNatorやGalacticで言えば
選手に感謝。
今までたくさんの子たちと出会ってきました。
現在もこうやって活動できるのは、うちに携わってくれたメンバーいるからなんです。
誰一人として欠けては出来なかったと思います。

メンバーの想いをタスキを渡す感じで続いているように思います。

本当に選手は頑張ってます。
時には厳しくもしますが、ゲームに実直に取り組んでいる姿を見ると気持ちが昂ぶります。

最前線で戦っているのは選手なので、もっと彼らに陽の目が当たるように全力でサポートしたいと思ってます。

「選手は宝」

この言葉も好きな言葉の1つです。


チームを取り巻く環境にも感謝をしてます。

スポンサー様の潤沢なサポートのお陰で多くの素晴らしい経験をさせてもらっています。
製品をいただけることにも感謝してます。
しかしその製品を作っている方、携わっている方々がいるからこそなんだと思ってます。
思いを込めて製品を作っている姿を見た時に改めて私の心に「感謝」という言葉が刻まれました。

様々な方の想いが一つとなって目標に向かって進んでいる。

「想いを力に変える」も重要だと思います。


これから更なる成長をするために、チーム、私も含め選手の意識の向上が必要です。
ゲーミングシーンが盛り上がってくるのであればゲーム自体が取り上げられるのも大切ですが
やはり「人」だと思います。

魅力的な人がやっているからこそ、ゲームに興味を持ってもらえると思ってます。

憧れの存在や目標とされる人物になる。これも今後の課題ですね。


DeToNator、Galacticもまだまだ、これからです。

ずっと挑戦の連続。



忘れてはいけないのが、AVAでは「AVAれ祭り」などの数多くのオフラインイベントが開催されてますよね。

素晴らしい最高の舞台です。

もちろん開催していただいてる運営の方にも感謝してます。

私は、前職でアーティストさんのへアメイクもしていたのでライブなどのコンサートを経験してきました。
担当した全てアーティストさんは、とにかく裏方さんを大切にします。
仕事なので当たり前と言ったらそうなんですが、イベント運営・会場を設営するにも大変な労力を必要とします。
イベントは、関係者すべての人の気持ちが1つになって初めて成功するんだなと実感しました。


AVAでも大きな会場でのイベントがあります。
関係者の皆さんが、選手や観客の方を楽しませようと遅くまで設営しています。
そんな姿を目の当たりにすると感謝をせずにはいられません。


ドラゴンボールの孫悟空の元気玉のように想いがどんどん大きくなるといいですね。


最後に、私達はチームイベントをします。
DeToNatorであれば、ネットカフェキャラバン番外編
Galacticであれば、Galactic塾
そこには遠くから来てくれる方もいます。
オフラインイベントでも声援をいただきます。

ファンの方の声援はとても力になります。
もっと応援されるようにならなければなりません。

声援の力を感じて活動できる事にもっと感謝をしなければなりません。

選手、観客、会場が一体となったイベントはきっと素晴らしい忘れられない体験になると思います。

その中心にいられるように地道にコツコツと努力を重ねて
その時が来るまで頑張るしかないですね。




何事も当たり前ではないという事。
表があれば裏で支えてくれている人がいる。

それぞれの想いをいかに感じるか。

そんな気持ちの連鎖が大きな感動やムーブメントを生むきっかけになるのではないでしょうか。



とは言うもの
やらなければならない課題や大きな壁が存在しているのが現実なので
感謝の気持ちを忘れずにひとつずつ乗り越えていきます。



今後も応援よろしくお願いします。m(_ _)m

















なんか久々に書いてみるといろいろ感情がでてきますね。

とにかく前向きにアクティブにいかないとね。

行動あるのみですよ。

アクションすれば何かが動く。。。。ゴゴゴオオ


ではまた!( ゚益゚)ゞ


オフィシャルサイト
sponsors sponsors
Det Sponsors
sponsors sponsors sponsors sponsors sponsors sponsors
Gala Sponsors
sponsors sponsors
手軽に反射神経テスト!

反射神経テスト

スタートボタンを押し、色が変わったらストップボタンを押します。




Powered By ジャンプアタック

プロフィール

Author:マックスジャム
<A.V.A>
プレイ名:MaxJam
【所属クラン】
DeToNator&Galactic

<Gaming Gear>
マウス:SteelSeries RIVAL
マウスパッド:SteelSeries Qck Heavy DeToNator Edition
キーボード:SteelSeries 6Gv2
ヘッドセット:SteelSeries 9H
アクセサリー:SteelSeries Cord Holder


<PCスペック>
■OS  Microsoft Windows 7 Professional 64bit SP1 正規版
■CPU  intel Core i7 2700K [3.5GHz / 95W / L3 8MB / 4C 8T / Intel HD Graphics 3000]
■CPUクーラー  MUGEN∞3 無限参 SCMG-3000
■メモリ  DDR3-1600 16GB
■マザーボード   ASUS P8Z68 DELUXE
■グラフィックスカード GeForce GTX770 2GB MSI製 Twin Frozr 4S OC
■光学式ドライブ  [DVDスーパーマルチドライブ]
■ハードディスク1 (OS)  【SSD】intel 120GB
■ハードディスク2  1.5TB
■サウンドカード  SoundBlaster X-Fi Xtreme Titanium
■ケース  COOLER MASTER HAF X
■電源  Silver Stone STRIDER Gold 850W






現在の閲覧者数:



この「顔文字ボタン」を押すと素材がでてきます!お試しあれლ(・ิω・ิლ)

MaxJamお気に入りデバイス
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。